日本語

お買い物カート

✿ ¥35000以上お買い上げで国内送料無料!詳細を見る ✿

MENU

NON-GMOの化粧品

 

GMOとは? なぜ危険? 

Non-GMOとは、遺伝的に改変されていない生物を意味します。GMO(遺伝子組換え体)は、遺伝子組み換え/工学技術を使用して作成された新しい生物です。食用植物の遺伝子改変では、科学者は最近、ウイルス、動物、植物などの別の生物のDNAから1つ以上の遺伝子を削除し、変更したい植物のDNAに組換えます。これらの新しい遺伝子を追加することにより、遺伝子工学者は植物が遺伝子に関連する特性を発現することを望んでいます。 たとえば、遺伝子工学者は、バチルスチューリンゲンシスまたはBtとして知られる細菌の遺伝子をトウモロコシのDNAに移しました。 Bt遺伝子は昆虫を殺すタンパク質を発現し、遺伝子を導入することでトウモロコシは昆虫を殺す独自の特性を発揮します。

しかし、その後、科学者は遺伝子組み換えが潜在的に危険な技術であることを認識しました。 遺伝子組み換えは、1つの遺伝子が1つのタンパク質を発現するとするセントラルドグマと呼ばれる理論に基づいています。 しかし、米国国立ヒトゲノム研究所と協力している科学者は、これは真実ではなく、遺伝子は完全には理解されていない方法で複雑な仕組みで機能することを発見しました。 この発見は、遺伝子工学の基礎全体を損なうものです。 また、遺伝子工学の主な問題の1つは、食用植物のDNAに遺伝子を挿入するプロセスがランダムであり、科学者は遺伝子がどこに行くのか分からないことです。 これは、他の遺伝子の機能を破壊し、かつて食料供給になかった新規タンパク質を作成し、食品に毒素とアレルゲンを作成する可能性があります。 消費者および環境団体は、GMOを含む食品に伴う多くの健康および環境リスクを挙げています。 その結果として、米国および世界中の多くの人々が「Non-GMO」を要求しています。 

 

化粧品もGMOの可能性は? 

化粧品には植物由来の成分が含まれており、これらの原料は遺伝子組み換え作物である場合があります。しかし、オーガニック植物成分からつくられた化粧品を使用すると、その植物成分のGMOリスクを完全に回避することができます。これは、GMO物質がオーガニック生産で禁止されているためです。 

Dr.C Labの化粧品はNON-GMOです。GMO のリスクがある可能性の成分は全く使用していません。